会話術

【知らないとヤバい!?】チャットレディの稼げる会話術

チャットレディをはじめる前の私は「よし!稼いでやるぞ!!」と意気込んでいました。

でも、いざチャットレディとしてはじめてログインすると「一体、どんな男性が来てどんな会話をすればよいのだろう??」と猛烈な不安感がこみ上げてきたことを今でもおぼえています。

単純な私なので、はじめはすごく意気込んでいたんですね。しかしはじめてみると全く知らない男性を楽しませないと収入はついてこないという現実にぶち当たりました。

 
なので、これからチャットレディをはじめる人やチャットレディをしているけどイマイチ思っていた通りの収入ではないという人は訪問してくるお客様との会話について研究すると良いかもしれません。

ここでは私がチャットレディとして気をつけている基本的なチャット(会話)のテクニックについて紹介したいと思います。

チャットレディの基本的な会話テクニック。

メールでも音声チャット(電話)でも知らない男性であるお客さんと何を話せばいいんだろう?

チャットレディをはじめるとこういった不安がでてきます。

ただ、基本的なチャット(会話)はぜんぜんむずかしくありません。

そして、私がやっているチャットレディの基本的な会話テクニックは以下の3つです。

  • お客さんをほめる。
  • お客さんの話を聞く。
  • お客さんから教えてもらう。

ほめ上手になる。

チャットレディとしてこれまで全く知らないお客さんと話してみてわかったことが男性は「ほめられる」のが尋常ではないほど好きだということです。

ライブチャットサイトではじめてお客さんと会話するときはほとんどが挨拶や自己紹介からはじまります。そんなときでも挨拶を返してくれたり、ノリが良い場合であったり、丁寧な言葉遣いだとそれをオーバーに褒めちぎります。

お世辞で嫌われそうですが、ツカみとしてこれは成功確率がものすごく高いです。

なぜなら男性はどんなことでもほめられるのが好きだからです。

チャトレをやったことがある人ならわかると思いますが、ノンアダサイトでもマナーの悪いお客はスマホでもすぐにエロトーク、またPCでは「脱いで」とか挨拶なしに言ってきます。

そういう場合でもうまくスルーして、男性のメールや声についてほめると話題が切り替わりチャットの長期化につなげることができます。

  • 「なんかすぐにエロトークだからドッキリしちゃった!男らしくていいですね!!」
  •  

  • 「メールから女性経験が豊富なのがわかります。」
  •  

  • 「いつも私は緊張しているんですけど、お客さんは楽しくて良い人そうですね♪」

こうしたことをさりげなく言うだけでお客さんの反応がすごく良くなって、それからの会話がスムーズになります。

 
あとは、やっぱりネット上で顔がみえないぶんだけマナーの悪いお客さんがどのサイトにも必ずいます。

そういうマナーの悪い、オラオラ系のお客さんは挨拶なんてしてくれません。そういうお客さんにはこういったさり気ないほめ方をすると態度がガラリと変わる場合が多いですね。

オラオラ系が一転して、とても優しいマナーの良いお客さんに変貌します。(中にはすぐに帰ってしまうお客さんもいますが…)

一方できちんと挨拶してくれるマナーの良いお客さんにはすぐに以下のようなメールでさりげなくほめます。

  • 「いつも私には挨拶してくれるお客様がいないので、すごく嬉しいです。」
  •  

  • 「やさしく挨拶してくれたので緊張がほぐれました♪」
  •  

  • 「挨拶してくれない人がほとんどなので、なんだか驚きました!」

これら当たり前だと思っていることも「ほめる」ことでお客さんは気持ちよくなる傾向があると思います。

個人的には最初のツカみの部分でお客さんを気持ちよくさせると、その後の会話も長く続けてくれる場合が多いです。

なので、たくさんいるチャットレディの中から自分の部屋にINしてくれたお客さんのことはどんなことでも良いので「ほめる」ことは効果的なチャトレの会話テクのひとつだと考えています。

聞き上手になる。

 

チャットレディとして知らない男性であるお客さんと会話をしていて、頭の悪い私でも気がついたことがあります。

それはほぼすべて男性がなんらかの「哲学」や「こだわり」をもっている。そして、それらを女性に聞いてもらうことが好きだということですです。

最近ではいわゆる草食系のオタクといわれる人たちが注目されていますが、男性はオタクではなくてもその人なりの生き方のこだわりや自分の趣味へのこだわりなんかを必ずもっています。

そうした男性特有の感性や哲学・こだわりに関心をもつ→引きだす→しっかり聞くことでINしてくれたお客さんも自ら進んで話すようになり、会話も盛り上がります。

私もそうですが、チャットレディとして全く知らないお客さんとチャットをするときは緊張する場合がほとんどだと思います。でも、場数を踏むことでさりげない会話の中からこうした男性のこだわりや感性を見抜けるようになってきます。

そうなるとそこからはそのお客さんの哲学やこだわりに対して上手に聞き役になることで気持ちよくチャットしてくれるようになります。

恋愛なんかでも自分に興味や関心をもってくれる異性には良い印象を抱きますよね?

顔がみえないネット上でもそれは全く同じだと思いました。特にオタク系やオラオラ系のお客さんのこだわりや感性に関心をもって、ほめてあげることで常連になってくれることもあります。

ただ注意しなければいけないのがお客さんはそうしたこだわりを喜んで話している間もしっかりと私たちチャットレディの反応を見ています。

なので、メールでは相槌をしたり、PCでは話している間はときどき笑顔や真剣な表情などを入れるとさらに効果的です。

 
また、常連になってくれたお客さんには前回話してくれたこだわりの話について質問したりすることでさらに印象が良くなります。

「オレの話を憶えていてくれた。」・「この子はオレに気があるかもしれない…」なんて思ってくれて、頻繁にチャットしてれるようになるとチャトレとしてもありがたいですよね♪

お客さんにとって自分の感性やこだわりに関心をもってくれる女の子は印象に残っている。

そして真剣にそれらを聞いてくれた女性には好印象を抱く。

これは私のこれまでのチャットレディの経験からたしかな事実だと思います。

いつも「教えてもらう」という姿勢をもつ。

ライブチャットサイトにくるお客さんの年齢層というものあるのですが、チャットレディをやってみて年配のお客さんは自分の話を説教っぽく話す人が多いな~と思うようになりました。

よく言えば、男の人は女の子になんでも教えたがるということです。

 
これは会社で働いているときも感じることなんですけど、年齢が上にいくほど男の人は説教っぽく語る傾向があると思います。

上司が部下に上から目線で説教をする・親が息子や娘に自分の人生での経験を長々と話すなどが典型的な例ですね…。

ライブチャットにくる年配の男の人ももれなくこういった説教っぽく語るのが大好きな人が多い気がします。

ようは、自分の経験や苦労話を話すことでストレス解消や自己満足できて気持ちよくなれるんだと思います。

チャットレディとしてはこういった男の人の心理をうまく汲み取って気持ちよくさせることでリピーターにすることができます。

  • 「経験豊富で勉強になります。」
  • 「今日はお話してもらってすごく楽しく色々と学ばせて頂きました。」
  • 「私の知らないことをたくさん知っているんですね!」

こういう感じで、教えてもらってありがとうございますという気持ちを伝えるだけでお客さんは気持ちよくなって満足してくれます。

ポイントは口先だけで同意をしたりお礼を言うのではなく、しっかりと話を理解した上でありがとうの気持ちを伝えることです。

そして、気持ちよくなったお客さんがまたメッセージをくれて、再度チャットしてくれるというケースも多々あります。

こうなってくると報酬も短時間で効率よくあげられるようになるんですね♪

 
一方で若いお客さんの場合もこうした聞き上手になることで気持ちよくなってくれます。

特にオタク系や引きこもりがちなお客さんは家電やインターネットについて詳しい場合が多いです。

そういうお客さんに「私は新しいスマホでまだ慣れてなくて…」・「ネットのことがよくわからないので緊張しています…」などと話を振ると、マシンガントークで色々と話してくれることが多いです。

そして、教えることで満足してくれるので話の途中や終わりに必ず感謝の言葉を添えたり笑顔でうれしがることであまりマナーの良くないお客さんでも話が弾むようになります。

チャットレディは会話よりも容姿(顔)のほうが大事?

私がやってみて感じたのはチャットレディは会話・癒し > 容姿(顔・ボディ・スタイル)だなと。

 
チャットレディとしての会話テクを磨いても、どうせ顔が美人でかわいくてボディがいい人が稼げるのでは?

私もはじめてのサイトに仮登録をしてお仕事を開始できるようになるまで、「私の容姿でも大丈夫かな??」という疑問がでてきたので容姿(顔・ボディ・スタイル)に関する不安な気持ちはすごくわかります。

私個人の容姿ははっきりいって普通です。

可愛くもなければ美人でもない。かといって極端にブサイクでもないと自分では分析しています…。(よく言えば素人系だと思います。)

でもチャットレディとしてはなんとか自分の満足いく収入を稼ぐことができています。

私の場合は仮登録が終わってお仕事を開始する前に容姿のことを思い出して、不安になりましたがそんなことは全く問題ありませんでした。

特に昔と比べて今は国内の有名サイトでスマホだけのメールレディとして働く女性など容姿を気にせず稼げる環境が整っていると思います。そしてノンアダルト専門のサイト・アダルトOKなどサイトのタイプも働く前に選べる状況です。

実際に有名なサイトを訪れてみるとわかると思いますが、熟女系や清楚な人妻系、ギャル風やアイドルのような可愛い子、正直あまり可愛いとは思えない子、すっぴんで身だしなみを全く気にしていない子など・・・たくさんいます。

個人的にチャットレディはスマホでは文章で気持ちを伝えるのがうまくて、PCでは愛想が良くて話しやすい雰囲気をだせればある程度の収入を稼ぐことができると思います。

月100万円以上の収入を狙うなら会話テク+が必要。

ただし、毎月100万円以上の報酬を稼ぎたいとかなってくると話は別だと思います。

そこはやっぱり会話テクにプラスして容姿もレベルが高くないと到達できないかなと感じました。

 
私の勝手な解釈ですけど、お客さんは美人とか可愛いそして魅力的なボディ以外にも人それぞれ色々な好みがあります。

実際に私の場合だと髪型を変えて、顔出し無しのプロフィール写真を載せておいただけでたくさんのお客さんからメッセージを貰って、私の部屋にINしてくれるお客さんが増えたことがあります。

INしてくれたお客さんが口を揃えて言っていたこと、それは髪型がタイプで雰囲気が良かったから話してみたくなったということでした。

なので、私のように自分の容姿にあまり自信がもてなくても、まずはやってみてユーザーであるお客さんに需要があるかどうかを確かめることが重要です。

 
個人的には「勝手な決めつけ」が1番良くないと思います。

極端かもしれませんが、容姿はネット上なのでいくらでもごまかすことができます。

それよりも自分に合ったサイトをみつけて、まずはやってみよう、挑戦してみようという気持ちが大切なんじゃないかな~と思います。

RELATED POST