会話術

チャットレディ、チップをたくさんもらうためのテクニック

チャットレディのチップの画像

チャットレディやメールレディとしてチャット&メール報酬以外からの収入があったらいいですよね?

ある程度、続けていると常連(リピーター)のお客さんからサイトを通じてチップをもらうことができます。

 
私自身、チャットレディやメールレディを3年以上続けて、このチップ報酬は高収入を実現するためにも収入を安定させるためにもかなり重要なものだと思っています。

お客さんがサイトを通してダイレクトに報酬としてくれるチップをたくさんもらうためにはどうしたらいいのか?

私がチップをたくさんのお客さんからもらうために工夫していることを紹介します♪

私が思うチップ制度の良さとお客さんの楽しみ方

私たちチャットレディ&メールレディ → チップもらえた( ̄ー ̄) イヒヒ( ̄皿 ̄)

お客さん → チップをあげるワクワク感&ドキドキ感

 
個人的にはこれだと思っています。

私たちチャットレディやメールレディはサイトを通してチップを即現金化できるので、単純に報酬が増えてうれしい!

そして、私個人としては私もやっとチップをもらえるまでになったか~という達成感を味わうことができました。

一方、お客さんは気になるチャットレディやメールレディが喜ぶ姿をみたい、またチップをあげたらどんな反応をするだろう?

こういうワクワク感やドキドキ感を味わって楽しんでいます。

チャットレディにもお客さんにもメリットがあるのがチップ。

チップの良さは私たちとお客さん、お互いが楽しめる仕組みだと思います。

私たちはチップをもらうことで達成感や充実感を味わう、

お客さんはそんな私たちの喜ぶ姿や感謝される気持ちを味わえる。

なので、私たちチャットレディやメールレディはチップをもらうことも仕事の一部だと思うんですね。

では、どうやったらお客さんが私たちにチップをあげようと思うか?

そしてどうすればチップをあげてよかったと思ってもらえるか?

気になりますよね…。

どうすれば、お客さんからチップがザクザク送られてくる?

私はお客さんとの日頃からの信頼関係、そしてチャットレディやメールレディとして自分のスタンスをはっきりさせておくことがチップをたくさんもらうコツだと思っています。

ポイントは3つあります。

  • お客さんとの信頼関係。
  • チャットレディとしてのキャラとスタンス。
  • お礼だけで終わらない。

お客さんとの信頼関係。

ちょっとわかりにくいと思うんですが、チャットレディやメールレディをやっているとほぼ必ず常連(リピーター)のお客さんができます。

そうしたお客さんとチャットやメールでマメに連絡をして、信頼関係を築いておくことが最初のポイントです。

具体的にはこちらからマメにメールを送って「お客さんのことが気になっていますよ、忘れていませんよ」ということを伝えておく。

私にとって◯◯さん(お客の男性)は特別な存在なんだとことを相手にわかってもらうアプローチを続けることですね。

これがうまくいけば必ず訪れる年間のイベント、自分の誕生日・ホワイトデー・クリスマスなどでたくさんのお客さんからチップをもらうことができます。

チャットレディとしてのキャラとスタンスを伝える。

もう一つのポイントが自分はチャットレディやメールレディとして稼いだお金を何に使っているのかということを相手に伝えておくことです。

自分のスタンスをはっきりとお客さんに伝えておくことで、相手もチップをあげる動機がうまれるので、もらいやすくなります。

私の場合は稼いだお金を自己投資、語学や資格のための勉強に使っているとお客さんに言っています。

なので、常連のお客さんも「勉強頑張ってね~」という感じでイベントのときに軽い気持ち程度でチップをくれることがあります。

少額でもこうしたチップをたくさんのお客さんからもらうと、報酬が高額になるんですね。

このあたりは以下のエントリーも参考にしてください。

チャットレディ、「稼いでるお金を何に使ってる?」と聞かれたらチャンス!?「チャトレやメールレディで稼いだお金って何に使ってんの?」、 「そんなに稼いでどうすんの?」というお客さんからのいや~な質問でも実...

お礼だけで終わらせない。

お客さんはお礼だけでなくチップをわたすことで私たちチャットレディが喜ぶ姿をみたいと思っています。

なので、チップをもらったら、お礼だけを言って終わってはいけません。

せっかく常連のお客さんからもらったチップでも「お礼」だけだと、お客さんはそれ以降チップをくれなくなります。

チップをもらったら絶対にやらなければいけないこと

「お礼」ではなく、こちらから「感動」&「感謝」を伝えること。

 
これがないと常連のお客さんはガッカリしてしまいます。

なぜなら、お客さんが私たちにチップをあげる前にイメージしていたワクワク感やドキドキ感が満たされないからです。

「チップありがとうございます」というお礼だけではありきたりでお客さんとしては当然な感じでシラけてしまします。

しっかりと私たちからチップをくれたことへ対する「感動」&「感謝」を伝えることでお互いが今後も楽しくコミュニケーションを続けることができます。

私がやっているお客さんからチップをもらったときの対応。

◇チップをもらって感動&感謝を伝えるパターン例。

お客さん
お客さん
chikaちゃん、ちょっとはやいけどクリスマスだからチップ送っておいたよ~!少ないけど好きなもの買ってね。

 

chika
chika
◯◯さん、好きなものを買いたいですけど◯◯さんからもらったチップなので、将来のための自己投資に使います!いつも私なんかを支えてくれて…、本当に◯◯さんからもらうチップは気持ちが伝わってくるのでうれしいです!

 
少し大袈裟に感じるかもしれませんが、これくらいやらなければ常連のお客さんには感動や感謝は伝わりません。

そして、こうしたことは必ずこちら側からメールやチャットで伝えることが大切です。

なぜなら、常連であるお客さんは私たちの喜ぶ姿や自分は特別な存在なんだということを実感するだけでも喜ぶからです。

 
これはひとつのパターンですが、チップをもらったことへの感動&感謝をお客さんに伝えるポイントは「◯◯さん(常連のお客)からもらったことに対する感謝」もしくは「あなたからもらったことがうれしいという感動」をはっきり伝えることです。

これが伝われば、お客さんはすごく喜んで今後もチップを送ってくれるようになります。

なので、少しオーバーなくらいの感動や感謝を伝えることは絶対にするようにしたほうがいいと思います。

RELATED POST